広尾の幼児教室の魅力
2018年12月31日

赤ちゃんが泣きやむためには

少子化の時代になったとはいえ、それでも身近に子どもが生まれたりする機会があったりすると、誰もが嬉しく、微笑ましく感じたりするものです。

今までお腹の中で成長していた赤ちゃんが出産で外界に出てきて、自分の力で呼吸をしたり、栄養を摂取したり、排せつをすることができるようになるのです。生まれて間もない状態では新生児といわれるのですが、まだ新しい環境になれずにいる状態になります。それを含む1歳までを乳児といいます。これらの時期というのは、夜泣きをしたりすることも多いもので育児でも苦労をする時期になります。

乳児期では特にあらゆる場面で泣くという機会が多くなります。それぞれの場合によって理由があったりするので、それに応じた対応をしていくようにします。赤ちゃんが泣く理由としてはいくつか考えることができます。おむつが濡れていて不快感がある場合やお腹が空いている場合などになります。ですから、おむつを交換してすっきりしたり、ミルクや母乳を与えることによって、たいていは泣きやむものです。

それでも泣きやむことがない場合には、ほかに理由を考えるようにします。赤ちゃんは体調が悪かったりして異変がある場合にも泣くことがあったりします。ですから、少しでも解決できるように看病をしていくことが大切でもあります。いろいろな状況に応じて、泣きやむことができるように対応をしていくようにするといいでしょう。抱っこやおんぶで安心感を感じて泣きやむこともあるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *