広尾の幼児教室の魅力
2018年12月31日

赤ちゃんが泣きやむ方法とは

赤ちゃんが泣きだしてどうにも泣きやんでくれなくて困ってしまうことがあります。

それが夜中だったりすると御近所のことや他の家族のことなども心配になって焦ってしまうこともありますが、そのような時に赤ちゃんが泣きやむ方法がいくつかあります。赤ちゃんはママのお腹の中にいた時にはいつも、ママの血流の音を聞いていたためそれに似ている音を聞かせてあげると泣きやむことが多いです。どのような音かと言うと口の中に水を少しだけ含んで、そのまま息を吸って音を出してみましょう。

こんな音でいいのかと思うかもしれませんがその音はママのお腹の中で聞いていた音に似ているので、安心することができて高ぶった気持などが落ち着いてきてスーット泣きやむようになります。その他にもテレビの砂嵐の音だったり、掃除機をオンにした音、ドライヤーの音などもママのお腹の中で聞いていて音に似ていると言われていますから、これを赤ちゃんに聞かせてあげるようにすると良いです。

またお腹の中で聞いていた音とは違いますがビニールをこすり合わせると起こるガサガサと言う音も効果があります。音を聞かせても効果がなかったり、聞かせることができないと言う場合は耳の中に小指を入れてこちょこちょと優しく動かしてあげましょう。そうするとリラックスしやすくなって泣きやむことが多いです。また耳や顔に軽く息を吹きかけてあげると耳をこちょこちょした時と同じように泣きやんでくれることが多いです。
1歳の幼児教室のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *