広尾の幼児教室の魅力
2018年12月31日

赤ちゃんが泣きやむ方法について

夜になると赤ちゃんが泣きやまなくなってしまうことがあります。

赤ちゃんが夜泣きをしてしまう原因ははっきえりとはかいめいされていませんが、朝起きて夜には寝ると言った24時間周期の睡眠サイクルを整えていたり周りからの刺激やストレスが原因となっていると言われています。赤ちゃんはママと肌を合わせることが最高のコミュニケーションであるためママに抱っこしてもらって自分が守られていると言うことがわかると泣きやむことが多いです。ママが抱っこして子守歌などを歌ってあげながら心臓の音に合わせて背中をトントンしてあげたりすると、心身共にリラックスすることができて泣きやむようになります。

もしママがパパに赤ちゃんを預けているときに泣き出してなかなか泣きやまないと言う場合にはパパが抱っこして子守歌を歌っても逆効果でもっと泣いてしまうこともあります。そうなると泣きやんでほしくってパパは焦ってしまったり、どうしたらよいか辛くなったりしてしまいます。そのような時には優しく抱っこしたまま顔や耳に向かって優しく軽い息をふーっと吹きかけてみましょう。

そうすると条件反射で泣きやむことが多いです。また耳の中にちょっとだけ小指をゆっくりと入れてこちょこちょと動かすとこの時も条件反射で泣きやんでくれます。また赤ちゃんに鏡を見せたり、サングラスをかけてあげると不思議な感覚に陥るため泣きやむことが多いです。泣きやんだら優しく背中をトントンしてあげたりするとリラックスしてくれますから、泣きやまないことに焦らず優しく対応してあげるようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *