広尾の幼児教室の魅力
2019年1月12日

赤ちゃんが泣きやむ魔法のコツ

赤ちゃんが泣きやまなくて困った経験をした新米お母さんも多いでしょう。

どうして泣くのかわからなくて不安になったお母さんもいるかもしれません。実は、赤ちゃんが泣きやむ秘密のコツがあることをご存知でしたか。ここでは赤ちゃんが泣きやむコツを紹介します。まず、最初に確認しなければならないのは、赤ちゃんに身体的な問題がないかです。お腹がすいていないか、オムツが濡れていないか、部屋が暑すぎないか、寒すぎないかなどの身体的な問題がある場合はそれらを取り除きましょう。

意外なことですが、オムツに挟まっていた髪の毛を取り除いたら泣きやんだというケースもあります。身体的な問題を取り除いたとしても泣きやまない場合は、とりあえず抱っこしてあげるとよいです。また、その状態からゆっくりとスクワットをしてやると、おなかの中にいたときのことを思い出して、泣きやむことがあります。また、赤ちゃんの耳元でレジ袋をシャカシャカ言わせることもおすすめです。

レジ袋の音は、お母さんのおなかの中にいた時の音に似ているため、低月齢のあかちゃんの場合、安心して泣きやんでくれることが多いです。レジ袋のほかには、換気扇やドライヤーの音もおすすめです。いずれの場合でも、一番大切なのはお母さんがリラックスしていることです。お母さんがイライラしていたり、不安な気持ちになっているとその気持ちがあかちゃんに移ってしまうため、余計にひどく泣いてしまう場合もあります。また、あまりにも泣きやまない場合は、病気の可能性もあるため病院に行くことも検討しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *