広尾の幼児教室の魅力
2019年2月12日

ベビーシッターの仕事内容や求められる能力について

近年では幼児の待機児童率が高まってきている社会背景もあり、ベビーシッターの需要が増えています。

そんな中で、ベビーシッターの仕事に興味があるという人も多いのではないでしょうか?今回は、ベビーシッターの仕事内容や求められる能力、資格についてご説明します。まず、ベビーシッターとは、依頼主の教育方針に従って子供の世話を行うのが仕事です。自分の裁量で教育を行うのではなく、あくまで依頼主の依頼に合わせた教育を行うことが特徴となっています。働く場所は多岐に富んでおり、依頼主の自宅はもちろん、企業の保育ルームやイベントなどの保育スペース、病院、ホテルなどで働く人もいます。

求められる能力としては、第一に子供の安全を考えて周囲に目を配れる能力が挙げられます。また、そのために周りの環境を整えてあげることができる能力も必要となります。子供にわかりやすいように安全性や危険なものを説明することができ、危険な遊びはさせないようにするのも求められる能力の一つとなるでしょう。

また、子供たちが、自分の親がいない時に不安にならないような環境を作り上げてあげることも重要です。この仕事に必要な資格は特にありませんが、近年では全国保育サービス協会が主催する試験を受験したり、日本能力開発推進協会が主催する試験に合格することでベビーシッターに役立つ資格を手に入れることができます。この資格があると、できる仕事に幅が広がったり、働ける場所が増えたりするため、いろいろな場所で働きたい人にはお勧めの資格となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *