広尾の幼児教室の魅力
2019年3月12日

東京の幼児教室にはどんな種類があるの?

東京の幼児教室の種類には、主に受験対策系、幼児教育系、英語系の3種類があります。

受験対策系の教室は、早い幼児教室であれば1~2歳からはじまります。東京には有名私立小学校が多いので、受験対策系の教室はとても人気です。受験対策系の教室では、保護者の希望に合わせた小学校の対策もしてくれるので、小学校受験を考えているのであれば早い内から利用するのがいいでしょう。受験対策系といっても教室によってそれぞれ特徴が異なります。

あくまでも目的は有名私立小学校の合格であると考え、能力開発などは一切行わないという教室もあれば、受験の対策と能力開発をバランスよく取り入れている教室もあります。しかし受験対策系の教室の最終目的は志望校合格なので、受験の勉強以外の能力をアップさせることにはあまり結び付かないかもしれません。幼児教育系の教室は、教室ごとにその特徴が異なります。数や文字などを積極的に教える早期教育が目的の教室もあれば、脳科学を利用する教室もあります。

他にも東京には、野外学習を取り入れて体験を重視した教育を行う幼児教室や英語を取り入れた教室など特色のある教育を行っています。英語系の教室は、全日制の英語保育を取り入れているインターナショナルスクールや週に1~2回通う英語教室の形をとったものがあります。インターナショナルスクールはネイティブの先生と日常的な会話も英語で行うことになりますが、週に1~2回通うタイプの英語教室は、遊びの中に英語を取り入れるという形になっています。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *