広尾の幼児教室の魅力
2019年4月6日

自由が丘の幼児教室の選び方

少子化が叫ばれて久しいですが、その分、子供にかける教育費は際限ないという親御さんも増えています。

小さいうちから英語、水泳、ピアノ、プログラミング、体操、絵画・・・と数え上げればきりがありません。そういったニーズにこたえようと自由が丘にもさまざまな幼児教室が存在していますが、どのように選べばよいのでしょうか。文武両道な人になってほしいという親御さんの気持ちはよくわかりますし、子供がやりたいことを習わせてあげたいところですが、一番のポイントは「子供が先生と合うか合わないか」につきます。

少人数だから良い、名の知れた教室だから安心、という親本意の選択は最も避けたいところです。ほとんどの幼児教室では体験する機会が設けてあります。自由が丘にはさまざまなジャンルの教室がありますので、お子さんが興味のなさそうな分野の教室でも、一度は体験させてみることが重要です。先生の質もさまざまですから、体験中の先生の様子をよく観察し、お子さんがキラキラと目を輝かせているかどうかを確認してください。

次に気になるのは、費用面だと思います。いくら評判が良い幼児教室でも、毎月の出費を考えると1年しか続かなかった、では本末転倒です。自由が丘の幼児教室には、場所柄、芸能人や裕福な家庭のお子さんが多く通っていることもあり、入会金、月の費用がわりと高い傾向にあります。その費用に見合った内容であるかも、体験時に見極めなければいけません。いまはIQ(頭の良さを表す知能指数)よりEQ(感情の知能指数)が高い人が求められる時代です。お子さんにふさわしい幼児教室を選択できたかどうかは何十年もなってわかるものかもしれませんが、慎重に慎重を重ねて選択しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *