広尾の幼児教室の魅力
2019年4月9日

0歳から生後半年くらいまでの幼児教室

0歳から1歳までの1年間は、人間の一生の中で最も成長が激しい時期だとされています。

普段ベビーベッドの上ですやすや眠っているだけに見えても、赤ちゃんの頭の中では猛スピードで変化が起こっているのです。子供の可能性の芽を摘まずに、発達を手助けしてあげるためには0歳から幼児教室に通わせても、早すぎるということは全くありません。幼児教室の0歳向けクラスでは、生後半年に満たない赤ちゃんを対象にしたコースや、1歳までの赤ちゃん向けの指導を行うコースなどがあります。

前者のコースでは、多彩な模様がプリントされているカードを赤ちゃんに見せて、集中力とみる力を養ったり、首がすわるのを速めていきます。赤ちゃん向けの運動もレッスンの一つとして実施されますが、筋肉や骨の発達を補佐するだけではなく、知能の発達や消火や代謝を活発にする効果もあります。まだ赤ちゃんは言葉を話せませんし、その反応だけを見ても、本当に意味があるのか知能の発達に役立っているのか、親から見てもピンと来ないかもしれないですが、幼児教室のカリキュラムは脳科学などの研究成果などを反映させて構成されているので、意味がないということはありません。

赤ちゃんがこれから吸収することになる、たくさんの情報を整理して、的確に分析する力を養うために必要な授業を行ってくれます。同じ月齢の赤ちゃんと一緒に学べるので、子育てに関して相談したい友達が欲しい親御さんにもメリットがあります。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *