プラントの環境整備に貢献する日阪製作所の技術力

業界により違いはありますが、メーカー企業では自社プラントを稼働させています。

地球環境に悪影響を与えてしまうことなく、緻密に計算された設計でプラントは稼働していますが、日阪製作所ではより良い環境を作り出す技術力には非常に優れています。熱交換器事業では、各プラントに合わせた設計で製造販売から設置作業も行っており、加熱や冷却など稼働させる上で熱を最大限に活用、若しくは排出することに成功してます。日阪製作所はプラント運営において熱効率を最適化することで、省エネにも貢献できるプラントへと切り替えするとに注目しており、既に実績が豊富な事業です。

プロセスエンジニアリング事業では、食品工場や医薬品工場で活躍する殺菌や滅菌を行える設備機器を提案しています。導入することで自動運転が可能になったり、無人化することもできるので、経費面を圧迫することが無くなります。この事業では他にも衣料品の染色機も開発しており、高性能故に品質を高めることと省エネにも役立つ事業としてます。

衣食住全てを網羅する特殊機器の製造販売により、一般消費者に対しても快適性を得られるように日々努力を行う企業でもあります。日阪製作所はバルブ事業も柱としていて、巨大プラントなどで使用される高性能のバルブをオーダーメイドで対応できる技術を有することも特徴です。バルブは通常使用でもかなりの圧力が掛かってしまう大切な設備機器なので、日阪製作所の製品をオーダーすることにより、導入した企業は高性能と高品質は勿論のこと、信頼性と安全性も同時に得られます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *