日阪は熱交換器事業を初め、生活の質向上に貢献

熱交換器の活用で、従来ムダにしていた排熱を別のエネルギーへと変えることが可能です。

日阪の熱交換器はプレート式で、2枚の電熱プレートを重ね合わせた構造を採用しています。プレート間を流れる空間を複雑にすることで、流体温度を均一にするとともに、熱が伝わりやすい設計です。加えて複雑な流れにより自己洗浄能力を高めました。この他にも日阪の熱交換器は広い設置スペースを要求せず、プレートの熱変形を軽減させるなどいくつかの特徴を備えています。

熱交換器製造のエキスパート企業だけに、プレートのアレンジにより伝熱面積や性能を変更することも可能です。日阪は製造だけでなく、熱交換等に必要な機能部品の販売設計にも積極的です。加熱や冷却さらに除湿などに効果を示すフィンチューブや、内側プレートからの流体漏れを外側プレートでカバーするダブルラインガスケットプレートといった事業用途に応じた設計を行います。

コンデンサー専用のプレート式熱交換器で圧力のムダを低減し、効率的な真空ペーパー凝縮やガスの冷却を実現できるのも日阪の特徴でしょう。通販で熱交換器を購入することが可能で、ブレージングプレート式およびプレート式、平行流も斜行流も揃います。用途や冷媒など検索条件を指定すれば、用途に最適な型を見つけられるので、大変便利です。日阪は熱交換器事業の他に、食品や医療の安全性を支える事業やパルプ事業も手掛けており、人々の暮らしの質向上に貢献しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *