自社物件で活用できる省エネを追究した設備の導入

自社物件で営業をしている会社の場合は、省エネは限界まで行うことができます。

資源が枯渇することがあり得ないエネルギー等をできるだけ消費しないことを前提にした内容なので、通常の範囲では全てをLED化したり、省エネ基準に優れた電気製品を使うこと、不要な場所では照明器具を消灯することなどは定番とされている方法です。会社が行える省エネ活動は、一歩進んだ方法もあり、限界まで追求するならば太陽光パネルの設置はかなり貢献できる設備です。自社所有物件であれば自由自在にソーラーパネルを設置でき、屋根や屋上、不足しているのであれば駐車場や外壁にソーラーパネルを増設する方法も効果はあります。

ソーラーパネルは有害物質を出さないクリーンエネルギーになるので、余計な燃料を消費することもありません。この範囲は既に多くの会社や一般住宅でも活用されている方法ですが、新しい設備として蓄電池を備えると余剰電力を溜めておくことができるので、発電量により違いはありますが会社内で使う電力の殆どをカバーできることと、災害時でも電気を使える状態に施せます。ソーラーパネルと蓄電池はセットとして用いることで最大限に省エネを行うことができますが、会社内に備わっているガスコンロやガスや石油を使った給湯器があれば、全てを電気式に交換するともっと省エネを行えます。いわゆるオール電化に仕上げる方法になりますが、特に電気式給湯器はそもそも消費電力が少なく、熱効率に優れている機種なので導入すると完璧です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *