オフィスで行える省エネ

企業にとって電力をカットすることは大きな課題となっています。

電力コストをカットするためには、ただ節電するだけではなく効果的な省エネをしていくことが重要です。オフィスの節電で最も効率的に行えるのが省エネタイプのOA機器を利用するということです。オフィスに必要なエアコンやパソコン、コピー機などを省エネタイプのものにするだけで大きな電力のコストカットにつながります。近年販売されている省エネタイプのOA機器は、10年前の機器に比べると約80%も消費電力量が減ったというデータも残っています。電力のコストカットだけではなく効率もよくなるため、新しい物を購入する場合はには出来るだけ最新機器を導入することがおすすめです。また、電力会社を変えてみるというのも効果的な方法です。

電力自由化によって様々な電力会社を選べるようになっています。大手電力会社のように大規模な発電設備を持たずに運営しているところも多いですが、固定費が少ない分だけ電気料金のプランが安くなっているケースもあります。新しい電力会社や新しいプランを選ぶことで、電力コストをカットできる場合もあるのです。その他、オフィスの壁や床、窓などに断熱材を入れて空気を遮断するというのも効果的です。外の気温の影響が受けにくくなるため室内温度が一定に保ちやすくなって、空調にかかる電力を抑えて省エネにつなげられます。場所によっては壁面緑化などを行うのも良いとされています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *