事業所向けの省エネ設備とは

日本だけでなく先進国では2000年以降、温室効果ガスの排出を極力減らすように努力をしています。

これは1990年代から二酸化炭素の増加量が増え、世界各地で平均気温の上昇が著しくなりました。さらに異常気象という変化も進んだことで、2000年に京都で開催されたサミットの席で先進7か国は2025年までに、二酸化炭素の排出量を15%以下にするという議決がなされました。この議決に伴って日本政府では一般家庭はもちろんのこと、各企業の事業所でも省エネに努めるようにという「省エネルギー推進計画」を2001年に発足させています。

「賞エネルギー推進計画」では再生可能エネルギーの利用を進めており、このエネルギーを生産する機器を導入する際に各自治体から補助金が支給されます。対象となるのは太陽光ソーラーパネル・熱交換器・排熱発電装置の3種類で、この中で事業所に向いている設備が太陽光ソーラーパネルです。事業所の場合は広大な敷地を有し、平面上のスレート屋根を備えた建物を使用しているところが多くあります。この特有の施設形態を使用することで、効率的に事業所内で必要となる電力を作り出すことが可能です。事業所で省エネに役立つ太陽光ソーラーパネルを設置する場所は、建物の屋根部分が望ましいです。この場所であれば新たに土地を確保する必要がなく、太陽の光を存分にパネルに照射することができます。さらに、太陽光をパネルが遮ることで室温の上昇も抑えることができ、空調費用を抑制する省エネ活動にも努められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *