やっかいな熱交換器スケールを取り除く

熱交換器は、チューブ仕様や金属・樹脂などを介して、液体や気体を熱したり冷やしたりすることで温度差を利用することで様々な分野で重要な役割を果たしています。熱交換器の効率を高めるためにはメンテナンスを常に行うことが重要です。なかでも熱交換器スケールには注意しておくことが必要になります。配管が詰まって冷却水の流れが悪くなることがありますが、熱交換器スケールが発生していることが多いです。

水を扱う場合、メンテナンスを怠ると配管の中にスケールがびっしり付着して水の流れを阻害します。熱交換器スケールが発生する原因は、冷却水を入れ替えることなく使い続けることで、水が濃縮しカルシウム・マグネシウム。シリカなどの成分の濃度が高くなります。この成分が飽和状態になると水に溶けきらずに熱交換器スケールになってしまうのです。

日々、スケール化しないように汚れを除去しておくことが熱交換器スケールを発生させないことにつながります。付着したものは化学洗浄で除去することができるので試してみればいいです。どの成分が主に付着しているかで、使用する洗浄剤は異なってきますから中身を分析することが必要になります。配管のどの部分で発生しているかを特定するために、ファイバースコープなどを用いることがあります。

配管・熱交換器・冷却水ジャケット内部などで確認して成分が何かを特定することが重要です。スケールを洗浄液につけて溶解してみます。洗浄時間が長すぎると配管や素材金属を腐食させることになるので注意が必要です。熱交換器スケールのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *