熱交換器スケールの除去方法

オフィスビルや工場の空調用に用いられる機器の中で、使用頻度が多いものに熱交換器があります。熱交換器とは空調用の水を冷やしたり逆に加熱する装置の事で、水を冷却する場合は、冷水や冷媒を用い、加熱する時は蒸気がよく使用されます。装置の機構は直径約10mm程度の銅管が無数に配置されまし冷媒や蒸気との接触面積を増やすことで、熱交換しやすくしています。特別に電力を消費しないため省エネ機器として注目されていますが、継続的に使用するには定期的なメンテナンスが欠かせません。

最も問題となるのが熱交換器スケールで、銅管内部にスケールという不純物がこびりつくことです。この熱交換器スケールを放置すると、熱が伝わりにくくなり所定の温度まで冷却したり加熱する事が出来ません。このためメンテナンス周期を決めて、熱交換器スケールを除去する整備が必要です。スケール除去は専門の業者に依頼しまし専用の洗浄器具や薬品を用いるのが主流です。

銅管の内部を高圧洗浄したり、ブラシでこすり取る方法が一般的です。熱交換器分解から洗浄まで、全て作業出来る業者に依頼すると効率良く作業が進みます。軽症のない業者に無理に行わせると、スケールが除去出来なかったり銅管を傷つけてしまい熱交換器の寿命を縮める結果となりますので、注意が必要です。スケールを取り除くと性能が回復するだけでなく、除去前より冷媒や蒸気の使用量が削減でき結果として運転コストが削減出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *