熱交換器スケール除去で効率アップ

熱交換器スケールは、文字通り熱交換器内部に生じるスケールを意味するもので水垢やカルシウム、マグネシウムなどの成分が固まったものを意味します。通常の循環式温浴施設の熱交換機は、浴槽から冷めたお湯を集毛器からろ過器、そして熱交換器に流れるようになっています。シェル&チューブ型熱交換器では、ボイラーで温められて高温になったお湯そのものが熱源となり熱交換器内部で循環される温いお湯の外側を流れながら再び加熱を行い浴槽に戻す仕組みを持ちます。熱交換器スケールが生じてしまうと、熱源から伝わる熱伝導性が悪くなってしまう、浴槽から送られる冷めたお湯を効率よく再加熱することが難しくなります。

循環しているお湯が設定温度まで到達できない場合センサーが感知して、設定温度まで上昇させるために余計なエネルギーを使うことになるため、本来の機能が損なわれて効率が悪くなるため、電気や燃料などを余計に使わなければならくなるわけです。熱交換器スケールは内部に生じるもので簡単に取り除くことはできませんし、仮に内部を露出できたとしてもたわしなどでこすっても取り除くことはできません。そこで役立つ存在になってくれるのが、強酸性の性質を持つスケール除去剤でもあるデスケーラーです。熱交換器内部の入り口にデスケーラーを流し入れる配管内部にこびりついているスケールを溶かして取り除く、このようなメンテナンスを行っておけば熱交換器スケールの付着を予防できると同時に効率化を図れるメリットが出て来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *