熱交換器スケールの概要と必要なメンテナンスについて

世界各国で再生可能エネルギーに注目が集まっています。1990年頃から地球温暖化の影響が各地で顕著にあらわれ、オーストラリアの上空には約2万kmの巨大なオゾンホールも出現しました。この地球温暖化の原因は温室効果ガスと呼ばれる二酸化炭素の多量の排出に起因しており、さらに火力発電所から発生するオゾンガスによって太陽エネルギーが蓄えられて地球全体の気温の上昇につながりました。この問題を打開するには世界各国が一丸となって問題解決に取り組む必要があり、2000年に国連が主導する形で「再生可能エネルギー推進運動」が開始しました。

再生可能エネルギーを生み出すには、太陽光や地熱の力を電力に作り変える対応機器を導入しなくてはいけません。地熱の場合であれば熱交換器スケールというものになり、内部に備わってる発電タービンを地熱の力で駆動させて電気を作ることが可能です。熱交換器スケールは学校や会社・公共施設のほかに、一般家庭でも広く普及しています。これは熱交換器スケールをはじめ、太陽光パネル等の再生可能エネルギー対応機器を導入する際に、各自治体から補助金が支給されることが普及を後押したといえます。

熱交換器スケールを導入したあとは、定期的なメンテナンスをおこなう必要があります。24時間絶え間なく駆動する機器であるが故で、平均3年に1度は製造メーカーに依頼をして専門スタッフによる調査をするのが望ましいです。メンテナンス内容としては発電タービンの駆動チェックから生み出される電力量など計25項目になり、専門知識を有した方しかメンテナンスに携われません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *