熱交換器スケールとは何でしょうか

夏場は日本でも冷房装置を使う機会が格段に増えてきます。この時期、インターネットでしばしば登場するキーワードがありますが、熱交換器スケールもそのうちのひとつです。それはいったいどういったものなのでしょうか。これは冷房装置に特有の症状ですが、スケールが詰まって配管内の冷却水がうまく流れなくなることがしばしばあります。

つまりスケールとは水垢のようなものだと考えてください。定期的にこのスケールを取り除く必要があります。定期的なメンテナンスで冷房装置や冷却装置に特有のスケールを除去するということのメリットは大変大きいです。冷却水がスムーズに流れますので、最小限の電気代で、最大限の冷房効果を得ることもできます。

スケールがたまりやすいのは、例えばパイプのエルボ部分です。エルボ部分では冷却水の流れる速度が落ちますので、そのようなところにスケールが沈着するということになります。定期的なスケール落としのメインテナンスはプロにお任せしましょう。熱交換器スケールを除去するための様々な方法が考案されています。

一番一般的なのはスケール落としのための洗浄液を使って配管内を清掃するということです。固まってしまったスケールはもはや並大抵のことでは除去できません。ここは熱交換器スケール落としのプロにメンテナンスをお任せするのが最良の方策です。これらのプロ集団は、実に様々なテクニックを持っています。

メンテナンスも一瞬のうちに終わらせることができます。自分でスケール落としをすることはとても難しいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *