熱交換器スケールの概要と得られる付加価値

熱交換器スケールという機器をご存知でしょうか。この機器は昨今注目されている再生可能エネルギーを生み出す装置のことを指します。一般的には熱交換器という名称で呼ばれますが、これは建物から排出される排熱を利用して電気を生み出すことが可能です。日本では2000年以降、地球温暖化現象を抑制するために一般家庭からあらゆる業種の企業・学校に対して、省エネ運動を推奨されています。

2025年までに火力発電所の使用を停止するという国連持続可能運動協議会の指針に基づいた運動であり、そのために、各施設に再生可能エネルギーに対応した機器の導入も押し進めています。熱交換器スケールとは再生可能エネルギーのうちの排熱を利用する機器で、約2000kcalの熱エネルギーで1500kwの電力を生み出すことが可能です。この数字は国内の平均な4人家族であれば、約1年間の電力を賄える計算になります。熱交換器スケールには発電タービンが備わっており、これを排熱の力を駆使して作動させることで電気を発生させます。

さらに蓄電池も内蔵されており、発電した電気を蓄えておくことも可能です。電気は我々が生活するうえで欠かすことができないエネルギーです。熱交換器スケールを使用すれば建物内で生まれる排熱で電気を生み出して蓄えることができます。この蓄えた電気は災害時のインフラ復旧時に役立てることもでき、非常時に大いに役立ちます。

省エネ運動をしつつ、災害に強い住まいづくりの実現も可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *