廃棄物処理における熱回収の意義

昔は、家庭用ゴミやオフィスなどから出るゴミは、焼却処分がなされ、金属などの燃えないゴミについては、地中への埋設処分が行われてきました。しかし、近年ではリサイクルに対する考えが一般にも広がり、ゴミとして排出される中でも有用なものについては、資源として再利用するシステムが主流になっています。ただし、資源として再利用するには、ゴミの分別がかかせません。別の種類のゴミが混ざっていると、これらは不純物となり、高い純度で抽出することが難しくなります。

カンなどの金属やビンなどのガラスは分別は容易ですが、問題はプラスチックです。プラスチックを分別しても、中に不純物が多く混ざっていることから、工業的に利用できるような純度の高いプラスチックの生成はまだ技術的にむずかしいのが実情です。一方で、プラスチックは元が石油から生成されていることもあり、発熱量が高い物質で、燃やしたときにはかなり大きな熱エネルギーが出ます。このプラスチックの発熱量を回収して省エネを図るのが熱回収です。

一般に、熱回収というと、プラスチックなどのゴミを燃やしたときに生じる熱エネルギーを利用して、蒸気を発生させたり発電を行ったりする、いわゆる、廃熱利用が強くイメージされますが、熱回収はこれだけではありません。例えば、固形のプラスチックにさまざまな処理を行って、油化、ガス化してしまうのも熱回収の1つです。また、プラスチックを固形燃料するケースも含まれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *