排熱利用による電力取り出しが注目されています

排熱利用は、眠れる資源の開発です。コージェネレーションシステムは、最近企業が取り組んでいる排熱利用して動力を取り出すシステムです。電力不足に備える自家発電機は、エンジンと発電機を利用します。電力が発生すると同時に熱が発生します。

この熱を取り出して、建物の空調などに利用します。今まで捨てていたものを再利用するシステムです。例えば、自動車の場合にはエンジンを回すことで推進動力を作るだけでなく、エアコンやカーオーディオなどのための電力を作り出しています。同じように給湯器にて電力を取り出すシステムがエネファームです。

電気を作り、その際に出る排熱利用するシステムがコージェネレーションシステムです。今まで工場の自家発電システムは、発電に使う燃料のエネルギーを100%とすると実際に電気として取り出せるのは40%で残る60%は排熱として捨てていました。コージェネレーションでは、この排熱から電力を取り出します、その分使っていた燃料を大幅に削減することができます。電気と熱両方を利用するという考え方です。

電気だけを作って燃料を使うのに比べてはるかに省エネだと言わなければなりません。太陽光や風力を利用する自然エネルギーは、天候に左右されるという弱点があります。この排熱利用を使ったシステムで電気を作り出し、天候に左右されやすい自然エネルギーの不足電力を補完するシステムとして作動させることもできます。排熱利用は、よりクリーンな電力供給面で注目を集めています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *