廃棄物処理における熱回収

一昔前であれば、廃棄物処理といえば、焼却や地中への埋設が基本でしたが、省エネルギーや温室効果ガスの抑制が注目を浴びる現代は違います。現代の廃棄物処理においては、まずはリサイクルが可能かどうかが最優先。例えば、スチール缶やアルミ缶は分別回収も進み、今ではかなりの率でリサイクルに回されるようになりました。しかし、一昔前と比べてリサイクル処理技術が格段に向上した現代であっても、廃棄物の全てをリサイクルできるわけではありません。

代表的な例がプラスチックゴミです。近年では自治体でプラスチックを他のゴミと分けて分別回収するところも増えてきていますが、プラスチックをリサイクルすることは現代でもまだ困難です。というのも、プラスチックと一口に言っても、ポリスチレン、ポリプロピレンなどさまざまな種類があるのですが、それらを分ける技術が確立されていないためです。そこで、プラスチックゴミは基本的には焼却されることになるのですが、石油から生成されたプラスチックは発熱量が非常に高い物質で、焼却時には大きな熱が発生します。

そこで、プラスチックの焼却では熱回収を採用することが好ましいです。熱回収とは大気に放散される熱の一部を回収して他の用途に利用すること。例えば、発電や、暖房システムの温水生成に利用できます。また、熱回収はプラスチックゴミだけを集めて焼却する方が効率よく行えます。

この観点からプラスチックゴミの分別回収は大変有効であると言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *