廃棄物処理における熱回収の意義

一昔前の廃棄物処理と言えば、回収した廃棄物を焼却炉に放り込んで燃やし、燃えなかった残りを固めて埋め立てるというシンプルなものでした。しかし。省エネルギーや温室効果ガス抑制の観点から、現代では、廃棄物も資源、あるいは、エネルギー源としてできる限り利用する方向に進んでいます。廃棄物処理においては、まずは、廃棄物の中から再利用できる材質のものを分けます。

近年では各自治体における分別回収が進み、アルミ缶やスチール缶などの金属製品は、可燃性ゴミとは別に回収されるようになりましたので、金属の再利用はかなり容易になりました。さらに、プラスチックゴミについても分別回収する自治体が増えています。しかし、プラスチックゴミと一口に言っても、実際にはポリスチレンやポリプロピレンなど、さまざまな種類のプラスチックが混ざっており、現在のリサイクル技術ではプラスチックゴミを再利用することはまだ難しいです。しかし、プラスチックには発熱量が高いという大きな特徴があります。

そこで、プラスチックゴミについては熱回収技術が採用される傾向にあります。プラスチックの発熱量が高いということは、焼却したときにかなり高い熱エネルギーを放出するということを意味します。このような高い熱エネルギーをそのまま大気に放散するのはエネルギーを捨てるようなものでもったいないことから、発生した熱の一部を回収して他の用途に利用するのが熱回収です。なお、熱回収は発生する熱エネルギーが高いほど回収効率が高くなります。

従って、プラスチックゴミの焼却においては、他の材質のものが混ざっていない方が大きな熱量が発生する点で好ましいのです。つまり、自治体においてプラスチックゴミを分別回収する現在の方向性は、熱回収の観点からはよい傾向であると言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *