エアコンの熱交換器のメンテナンス

熱交換器というと、何か特殊な機械に使用されているものと考える人も多いですが、実は私たちの身近な家電にも使われているのです。それはエアコンです。近年、夏が猛暑となることも多い日本では、全国においてエアコンが欠かせない存在となっています。そんな身近なエアコンに熱交換器は使われているのです。

エアコンの熱交換器は、室内機にも室外機にも使用されています。夏場であれば、室内機は部屋の暑い空気を吸い込んで、熱だけを冷媒の詰まったパイプに送り、冷たくなった空気を再び室内に戻しています。室外機の方は、室内から贈られてきた熱を外に排出し、冷媒だけを再びパイプを通して室内に送り返しています。この熱の受け渡しを行っているのが熱交換器の働きなのです。

エアコンの通常のメンテナンスは、フィルターの掃除や外部に付着した埃を取り除くことがメインとなります。エアコンの熱交換器はアルミで出来ており、アルミフィンと呼ばれています。長く使用していると、このアルミフィンも汚れてきます。こうしたアルミフィンのメンテナンスは、個人ではなかなか難しいでしょう。

エアコン内部の仕組みなど、専門知識がある場合でないと、エアコン自体の故障につながったり、部屋の壁や床を汚すといったことにもつながりかねません。アルミフィンを含めたエアコンメンテナンスを行いたい場合は、出来れば専門業者に依頼した方が無難です。もし自分で行う場合は、壁や床などの養生を徹底し、専用のエアコンクリーナーを使って洗浄することがおすすめです。アルミフィンがキレイになることで、エアコンの効き具合がかなり改善されると言われています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *