プレート型熱交換器のメンテナンス

温水プールや温泉、ビルの空調などに使われている熱交換器は、複数のプレートを組み合わせて限られた空間で効率良く温度を調整できます。温度差のある液体をプレート状の空間に交互に流すことで熱交換を行うことができます。プレートはガスケットによってシールされて、液体が流れ出さないように密閉された構造になっています。液体が流れる熱交換器は、水流により剥がれたプレートの汚れや流れる水に含まれる成分が沈着したスケールなどが堆積することで作動効率が下がってきます。

その堆積物は運用によって減少することはありません。そのため定期的なメンテナンスが必要になります。もし燃料費が高くなっていることや温まるのに時間がかかることなどの症状が現れたらメンテナンスが必要なサインです。このような症状を放置しておくと、やがて水流がなくなり全く動かなくなるような最悪のケースになる恐れがあります。

また、水が漏れ出さないように使われているガスケットが劣化によって破損すると熱交換器ないで2液が混ざって撓うこともあります。メンテナンスは、プレートを分解して、汚れの除去を行ってから特別な洗浄剤を使ってスケールを分解して除去します。そしてガスケットの状況を確認し、劣化の激しいものを交換します。場合によってはプレート自体を交換することもあります。

最後に全てを組み上げて漏水チェックをすれば終了です。このようにして最大の効率で動かすことができる状態に仕上げます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *