熱交換器のメンテナンス

熱交換器とは、熱い物と冷たい物の間で熱エネルギーを交換する仕組みです。捨ててしまうだけの熱した液体、気体を利用して冷たい物を温めます。例えば、ボイラー設備ですと水を熱して蒸気を作ります。熱するために石油、天然ガスなどを利用します。

水を熱することで高温の気体、水が発生しますが、何もしないと捨ててしまいます。捨ててしまう水を供給する水を温めることで省エネの効果をえます。この熱交換器は多くの工場で利用されるシステムですが、熱水、冷水を通すために水に含まれる成分が固形化して配管などに付着します。固形化した物質のために熱交換の効率化がダウンします。

そのため定期的に機器をメンテナンスしなくてはいけません。メンテナンスの方法としてはいくつかありますが、配管でしたら配管に薬剤を通して配管内部に付着した固形化物質を溶かす方法があります。プレートタイプの熱交換器でしたら機器を分解、清掃して水の通り道をきれいにします。機器のタイプに合わせてメンテナンスを定期的に行うことが必要です。

熱交換の機器は業種に関わらずいろんな工場で利用されています。また、工場だけでなく建物の空調、船舶などにも使われています。熱効率がダウンすると、工場の使用エネルギーが大幅にダウンします。メンテナンス時期についてはエネルギーのロスにならないよう数ヶ月に一回行います。

簡単にできるメンテナンスから業者へ任せる方法もありますので、環境に合わせて行うのをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *