熱交換器の清掃メンテナンスを必要とする理由

熱交換器は、冷却や加熱の目的で必要となる機器で産業用・家庭用まで幅広く使われており、定期的なメンテナンスを必要とします。熱交換は物体間同士で熱の移動を伴うため、その移動の障害になる汚れや埃、スケールなどの付着によって熱交換を悪くする恐れがあるため、それを取り除くための清掃を行うことは必要不可欠です。家庭用に使われることが多いのは、エアコン・エコキュートなど、産業用の場合ならボイラー、空調機器類です。熱交換器のメンテナンスのタイミングは、稼働状況が高稼働と大規模になればなるほど頻繁に行う必要があります。

それを行うことで節電に貢献したり、エネルギー損失を抑えることで燃料費などの経済的負担を軽くすることに繋がります。熱交換器のメンテナンスの大部分は清掃に費やすことが多く、その清掃の仕方には水の高圧による洗浄、ブラシで擦る方法、専用の薬剤によるスケールの除去などの形で行います。特に産業用の熱交換器のメンテナンスは、一定の期間によって行い、他にも稼働状況に応じて行われることも多いです。用いる媒体などの種類や構造による分類などによっても熱交換器のメンテナンスの仕方も微妙に変わってくることも注意をする必要があります。

構造による分類には主に管型、板型、特殊型の三つの型がありますので、その型に適合した状態で清掃を行います。型式によっては分解清掃も可能で、パーツを分解できると清掃が行いやすいメリットもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *